ホーム > 学科・コース > 普通科:医進コース

普通科:医進コース 

いたわりの心を持って社会に貢献する医療人を育てたい。
国公立大学医歯薬系学部への進学に特化したカリキュラム
理数の授業時間は公立の1.5倍、教師陣は大学レベル

医進コースは学芸館高校50周年記念事業の一環として平成22年度に創設。国公立大学の医学部・歯学部・薬学部の現役合格に的を絞り、学校と教師陣、クラスが一丸となって、最難関突破のための高い学力を養います。医療に高い人間性や倫理観が求められている今。「人を助け、社会に奉仕する日本人精神」を育む学芸館の教育は、これから医療を志す人間に欠かすことのできない大切なものです。優れた人間性と技術を備え、人のために尽くすことができる医療人の育成に、総力を挙げて取り組んでいます。

医進コース写真

学科の特色

カリキュラム

1学年 34単位 大学入試に必要となる応用力の下地づくりに専念

大学入試に必要となる応用力の下地づくりに専念します。1年次に学ぶ英・数・国の主要教科を早期に終わらせ、残りで2年次の内容の履修にかかります。また、授業以外にも数・理の特別授業や補習講座が数多くあります。

2学年 34単位 数・理の内容が受験を意識して本格化

2年次の主要教科の内容を夏休みまでに、3年次の内容を翌3月までに終了します。数・理の内容が受験を意識して本格化してきます。センター試験の理科3科目への対応を図ります。

3学年 34単位 学習の成果を大学進学に結びつける指導

医歯薬学部の大学ごとに傾向分析した入試対策を行います。深い理解を促す講義形式の授業と、実践的な得点獲得能力を磨く演習形式の授業を展開。数・理・英の補習講座がさらに充実します。

生徒・保護者の声

在校生の声

全文を見るスポーツドクターを目指して。

小学校からテニスをやっていて、野球もするのも見るのも好き。スポーツ全般に興味があります。将来は選手のケガを治したり、サポートしたりするスポーツドクターになるのが夢。将来のために自分で選んだ道なので、勉強は大変でも頑張ります。

全文を見る毎日すごい充実感。

スーパーVを受験しましたが、先生に勧められて医進コースに移りました。思った以上に授業はハイレベルで進み方が早く、宿題もたくさん出ます。でも、スーパーVコースの2年生や3年生と一緒に大学の先生の話を聞くなど、毎日すごい充実感。難関大学へ進むには良い選択だったと思っています。

全文を見る先生が個性的で授業が面白い。

薬剤師を目指して医進コースを選びました。中学校までと比べて一番違うのは、個性的な先生がたくさんいて、授業が面白いこと。休み時間もクラスメイトと話が盛り上がって楽しいですよ。

保護者の声

全文を見る見違えるほど明るく前向きになった娘

今年から新たに設けられた医進コースに進んだ娘は、見違えるほど変わりました。中学校まではあまり学校が好きではなく、勉強も最低限のことしかしない子供でしたが、今は楽しくて仕方がない様子で、朝は1本早い電車で行って学校で勉強したいとか、友達と先生に質問に行きたいから放課後も残るとか、すごく前向きで、乗りに乗っている感じがします。
「高校の授業は内容が深くて面白い」「分からないことはどんどん授業中にみんなで質問しあって、先生とのやりとりもすごく楽しい」「勉強だけじゃなくて書道やテニスも熱心に続けている友達が多くて、私もエレクトーンを頑張る」と、毎日、きらきらと目を輝かせて学校の話をしてくれます。親としてこれほどうれしいことはありません。

全文を見る高校に入って理数がもっと好きに

通常の授業だけではなく、あるときは岡山大学の公開講座をクラス全員で聴講に行ったり、あるときは鳥取大学医学部から講師の方を呼んでIPS細胞についての特別講義を聴いたり、「最先端」や「本物」や「現場」を実感できる機会が多いのも、医進コースの魅力だと思います。理科の授業では実験や実習を積極的に取り入れていて、楽しみながら興味を深めているようで、数学も理科も「高校になってから本当の面白さが分かって、好きになった」と娘は言っています。

全文を見るこれからの成長がさらに楽しみ

医進コースに入って短い間に娘がこれほど明るく、積極的に変われたのは、先生方の熱のある姿勢によるところが大きいでしょう。子供が自分から興味を持って勉強を深めていけるように、そして、名実共に将来の進路に役立つように、学力の向上はもちろん、人間的な成長も視野に入れた指導に情熱を注がれているのが伝わってきます。新聞の社説を読んで感想を文章にまとめる作業は、小論文対策としてだけでなく、幅広い視点から問題意識を持って社会を見る目を養うことにつながると思いますし、クラス全員で取り組むボランティア活動は思いやりを育て、人の役に立つ喜びを知る貴重な体験になると思います。
そうしたいろいろな経験をさせてもらいながら、これから娘がどういうことに興味を持ち、どんな方向に進んでいくのか、親としてとても楽しみです。娘の話を聞いてワクワクしながら、その成長を見守っていきたいと思っています。

卒業後の進路

山口大学医学部医学科、広島大学歯学部・工学部、九州大学、名古屋大学、岡山大学、同志社大学 など

教員からのメッセージ

加藤武史

人を助け、社会に貢献する医療人を育てたい。

教科指導総責任者 加藤武史

医進コースは、「社会に貢献する人材育成」を教育の大きな柱に掲げる学芸館の、立派な医療従事者を育てたいとの強い使命感から生まれました。国立大学医歯薬系学部への進学に特化したカリキュラムと、大学レベルの講師陣による指導で、現役合格を目指します。同時に、最先端で活躍する医師から直接話を聞いたり、大学医学部や病院を訪れたりなどの特別授業を通して、医療現場の実情や課題、生命の尊さなどを学びます。同じ志の仲間の中で、「医療を通じて社会に貢献し、人を助ける」という心構えを磨きながら、医師に必要なスピリッツを醸成し、高いモチベーションをつくりあげていきます。


SGH指定校としての取り組み

学芸館高等学校ブログ