ホーム > 教育の特色 > SGH指定校としての取り組み

SGH事業内容

 
岡山学芸館高等学校はSGH指定校になりました!

 

岡山学芸館高等学校は、平成27年度に文部科学省スーパーグローバルハイスクール(SGH)指定校に認定されました。 日本全国の高校の123校あるSGH指定校(平成28年4月現在)のうちの1校です。
本校では3年間のカリキュラムの中で、生徒の社会課題に対する関心と深い教養、コミュニケーション能力、問題解決力等の国際的素養を身に付け、将来国際的に活躍できるグローバル・リーダーの育成を図ることを目的とした授業を行っています。

▼ 文部科学省SGHへのリンク

5つの資質を身に付け、自分たちにできることを考え、実行する

グローバル化が加速する現代社会の中で、現状社会が抱えている課題を解決し、是正していくための能力を習得することが非常に大切です。岡山学芸館高等学校では、課題研究テーマを「開発途上国における貧困の悪循環是正に高校生ができること」に設定し、グローバル社会に貢献できるリーダー育成のための研究開発をすすめています。
本校SGH授業では、グローバル社会に貢献できるリーダーが必要とする「グローバル・マインド」「問題解決能力」「交渉型コミュニケーション能力」「協働力」「実践力」「実践力」の5つの資質を育成していきます。

 

グローバル社会に不可欠な力を養う3つのポイントとは?

授業は主にアクティブ・ラーニング形式

授業ごとに与えられた小テーマをグループワークで協議し、解決策を考えます。

 
 

高大連携授業

1年次後半は岡山大学をはじめとする大学教授・大学院生による高大連携授業の受講を行い、多角的な視野を学びます。また半年に一度は大テーマの研究成果を発表し、意見を外部へと発信する力を養います。

 
 

海外・国内フィールドワーク

高校2年次では、海外(カンボジア)現地にて貢献活動のフィールドワークを行います。
国内で入念に準備計画を立て、現地で実行し、その成果を確認します。
高校3年次では、2年間学んだ力を活かして国内貢献活動を継続します。

 
 
 
 

詳しい活動内容は、岡山学芸館高等学校のSGH活動記録のサイトに掲載しております。
定期的に更新しておりますので、どうぞご覧ください。

▼ 岡山学芸館高等学校SGH活動記録へのリンク  

オープンスクールのご案内

11/2509:30~

第3回オープンスクール

詳しくはこちら

10/2110:00~
その他イベント一覧

詳しくはこちら

学芸館高等学校ブログ