ホーム > 教育の特色 > ほっとルーム

ほっとルーム 

生徒の心をケアする「ほっとルーム」は
何かあったとき、ちょっとしたときの大きな心のよりどころ。

ほっとルーム多様な社会を生きる、現代の子どもたちを取り巻く環境はとても複雑で、多くのストレスに満ちています。
そうした中で、生徒が自分の全人格成長を果たし、社会にしっかりと適応できるようにするために、生徒の心のよりどころとなる場所が必要とされているのです。
多くの教育関係者が異口同音に唱えることは、学内に専任のカウンセラーを設置するなどの、教育相談体制の充実です。 そのような理想はありながらも、現実的に体制を整えることは決して容易なことではなく、全国的にみても十分な教育相談体制のある学校は少ない実情があります。
しかし本学園では、生徒一人ひとりの心身の健康に重きを置き、実りある学園生活を送っていただけるよう、相談室「ほっとルーム」を設置しております。 「ほっとルーム」には、専任のスクールカウンセラーが常駐し、保健室や各学級担任・教科担任との連携のもと、生徒の心のケアにあたっています。
またその他にも、男性2名、女性2名のベテラン相談員が、子育てに悩む保護者のサポートおよび生徒の指導を、あらゆる角度から検討し実施しています。
私たちほっとルームスタッフは、生徒・保護者の皆様に「ほっと」できる場所と、いざという時の「ホットライン」を提供したいと考えています。 何かご心配や気がかりなことがありましたら、どのような些細なことでもご一緒に考えさせていただきますので、お気軽にご来室ください。お待ちしております。

生徒ひとりひとりの気持ちを受けとめ、理解し、
支えていくことが私達の仕事です。

相談時間月~金曜日9:00AM~5:00PM(必要に応じて時間外のご相談も承ります。)
相談方法面接相談(電話相談も可) ※できるだけご予約をおとりください。
相談場所岡山学芸館高校5号館1F「ほっとルーム」
連絡先ほっとルーム直通番号086-942-4918

ほっとルーム教育相談活動

支援内容

  • 個人カウンセリング
  • 学級訪問(クラスガイダンス)

支援力の向上のため

  • 教職員向け研修
  • 夏期宿泊研修(相談室・生徒指導部スタッフ)

情報提供のため

  • ほっとルーム通信(生徒・保護者・教職員対象)
  • ほっとルームだより(教職員向け)
  • 実績報告(利用人数・利用回数)

連携活動

  • 援助チーム会議SST(生徒の学校適応を目指す情報交換)
  • 相談部内での事例・方針検討
  • 各科・コース代表との連携
  • 生徒指導・養護教諭らとの連携

保護者・教師への支援

  • コンサルテーション

生徒の多角的理解のため

  • 心理・行動査定

相談室PR活動

  • 新入生・保護者向け講演
  • ほっとルーム紹介

SGH指定校としての取り組み

学芸館高等学校ブログ