スーパーグローバルハイスクール

岡山学芸館清秀中学校・高等部

深い教養

人間的な深みをはぐくむことが本物の学力につながっていく

深い教養

真のエリートには、教科学習で得られる知識だけでなく、国際社会に通用する深い教養を身につけてほしい。清秀ではスーパーグローバルハイスクール(SGH)を開講し、高いレベルでのコミュニケーション能力や問題解決能力などを育んでいます。グローバル課題研究の授業では、すべての講座で、生徒の主体的思考・行動を促すような「アクティブラーニング」の手法を採用。生徒による英語のプレゼンテーションの授業も行っています。これまでの固定観念や日本人の価値観だけでなく、多様な視点で「世界」を見て、感じ、理解し、諸問題にアプローチしていきます。なぜその問題が起きているのか、自分達ができることは何か、みずから真剣に考え、行動計画を立て、実行していく。国内では大学の研究室や地元企業への訪問を通して幅広い視野を養い、海外では現地の住民や大学・高校と協働して、自分達で考えたプロジェクトを実践。机上の空論で終わらせない、有機的な取り組みが清秀のSGHの特徴です。

文部科学省指定「スーパーグローバルハイスクール」(SGH)

SGH文部科学省が平成26年度より推進している事業です。全国で約5,000校の高等学校のうち、123校が指定を受けており、岡山県内の私立では唯一本校が指定を受けています。

グローバル課題研究

グローバル課題研究

岡山大学を中心に、高大連携授業を積極的に実施。専門的見地から物事を捉えていきます。授業は主体性を重視したアクティブラーニング形式で実施しています。

国内フィールドワーク

国内フィールドワーク

フェアトレードプロジェクトの一環として、フェアトレード商品の販売実践活動を行っています。また、「カンボジアで日本語を勉強している子供たち」を本校に迎え入れ、共に学びながら、募金活動も展開しています。

海外フィールドワーク

海外フィールドワーク

開発途上国(カンボジア)における貧困の悪循環を是正するために、教育と環境の視点から自分達が貢献できることを考え、実行に移します。現地でのヒアリング調査や、地域住民と協働したゴミ拾いプロジェクトなどを実践しています。

研究報告会

研究報告会

これまでの学びと実践を振り返ります。どうしたらもっと深い研究ができるか、より効果的に成果を出すには何が必要だったかを考え、研究活動をさらに深めていきます。また、地域の小・中学校ほかさまざまな場所で研究報告を行います。