スーパーグローバルハイスクール

岡山学芸館清秀中学校・高等部

清秀の6ヵ年一貫教育

集合写真

基礎期中1中2

基礎基本の徹底

6年一貫教育の土台作りの時期にあたります。中1、中2の間に授業の予習方法・復習方法や、ノート・参考書の使い方など、基礎から徹底的に指導します。
また、丁寧に文章を読み込み、きちんと記述し、自らの頭で最後まで粘り強く考え抜く力を養成します。主要教科の英・数・国の授業が毎日あり、朝の会で毎日の授業の確認テストを実施。7限目に、補習として弱点補強およびハイレベルな発展演習を実施。
すべての生徒の完全理解と学習習慣の定着を目指し、無理せず自然な形で中3からの高校内容の先行学習が始められるようにもっていきます。
この時期に、何よりも「学ぶ楽しさ」と「知る喜び」を体得してもらいたいと考えます。

授業風景1

授業風景2

充実期中3高1

進路意識の向上

生徒一人ひとりが自分の将来像を具現化させる時期にあたります。基礎期で培った力を大切にし、より一層の学習に対する興味や関心を持たせながら、次第に深い思考力と幅広い知識の育成に結びつくよう、調べる、意見を交換するといった要素に重点を置いて指導します。
探求型学習を多く取り入れ、考察やディベートの機会を多く作り、学習意欲の深化を図ります。タイ・カンボジア研修旅行や東大セミナー、スーパーグローバルハイスクール講座を通じて学習に対する積極性を高め、進路意識の向上を実現して、文系・理系の選択につなげていきます。
また、中高一貫の利点を生かし、先を急がず、着実に粘り強い論理的思考力を鍛えます。

授業風景3

授業風景4

発展期高2高3

高い志と限りない挑戦

いよいよ受験生として難関大学合格に向け、ひた走る時期になります。
進路実現のため、生徒一人ひとりに対応した受験プログラムを作成し、個別の学習プランに沿った受験指導を行います。特に、大学別の個別添削指導では、生徒みずから学力が大幅に伸長していくのを体感できます。
授業では、単なる知識の習得だけでなく、高度な学問的内容にも踏み込みながら真の教養を身につけさせます。
大学入学後に経験する質の高い学問への準備を視野に、こつこつと「本物の力」を身につける経験は、生徒を「誇りある日本人」へと成長させていくことでしょう。

授業風景5

授業風景6