スーパーグローバルハイスクール

岡山学芸館清秀中学校・高等部

在校生・卒業生・保護者の声

在校生の声

先生が一人ひとりを見てくれる

山部 良悟

清秀は勉強できる環境が整っている。サポートがしっかりしていて、先生が一人ひとりを見てくれる。清秀ノートにも毎日コメント。授業の初めと終わりは、きちんとあいさつ。行事が充実していて友達といろんな刺激を分かち合える。夢は、患者さんとのコミュニケーションを大切にする医師になること。清秀で岡大医学部進学を目指します。

山部 良悟 [朝日塾小学校出身]
中学2年

夢は患者さんの心に寄り添う医師

神前 衣舞

受験した中学に全部合格。白陵(兵庫県)か清秀か、ぎりぎりまで悩みました。小さい頃から、父(精神科医)のように、患者さんの心に寄り添う医師になるのが夢。清秀なら、タイ・カンボジア研修をはじめいろんな経験ができる、人の心の痛みを知ることもできると思いました。清秀アワードをとれるように頑張ります。

河本 悠里 [岡山大学教育学部附属小学校出身]
中学2年

生徒全員がキラキラしてる

吉永 百那

いろんな中学校を回りましたが、清秀は生徒全員がキラキラしていた。みんなレベルが高い、ライバルで仲良し、明るくて元気。1年先輩の林桜子さんは、国際人として活躍するあこがれの先輩です。

吉永 百那 [岡山市立西大寺小学校出身]
中学2年

英語教育のレベルが高い

繁田 悠輝

治せない病気を外国で勉強して、困っている人を助ける医師になりたい。そのために、英語教育のレベルが高い清秀を選びました。タイ・カンボジア研修など外国を早く経験できるのもいい。清秀の6年間で自分の知識を増やしたい。いろいろな経験をして、たくさんのことを吸収したい。

繁田 悠輝 [朝日塾小学校出身]
中学2年

ここで自分の将来を探したい

仲村 柚帆

中学入試チャレンジ模試の後の個別相談会で、清秀の先生が勉強方法をすごく丁寧に教えてくれて、良い印象を持ちました。大安寺か清秀かどちらに行くか迷ったとき、清秀に何度か来て、先生の手厚いサポートと生徒との信頼関係を見て決めました。ここで自分の将来を探したい。人と楽しくかかわれるような仕事に就きたいです。

仲村 柚帆 [岡山市立伊島小学校出身]
中学2年

卒業生の声

くじけそうなとき、弱気のとき、先生の激励が心の支えに

山川 渉

医師を志したのは高等部2年の頃。祖父の病気の治療にあたってくれた医師の姿を見て、憧れを抱いたことがきっかけです。その後、本などで調べるうち、医療従事者が不足する問題を緩和する方策の一つとして、総合診療医が必要とされていることを知りました。総合診療医とは、一番初めに患者さんの声を聴き、身体や病気の状況を把握して、治療に必要な専門医に紹介する存在です。欧米に比べて遅れていた日本でも、高齢化や医師不足などから議論が進み、ようやく「総合診療専門医」という資格がスタートすることになりました。将来、この資格をもった医師として、社会に貢献したいと考えています。

山川 渉[姫路市立砥堀小学校出身]
岡山大学医学部医学科3年

東大は決して手の届かない場所ではない

小野田 和生

東大生活2年目。教養学部で授業を受けながら、放課後はテニスサークルの活動や家庭教師のアルバイト。高校時代よりペースダウンした分、将来を考える時間が増え、ぼんやりしていた専門課程への進路も、経済学部に固まってきました。
東大のすごいところは、優秀な学生がたくさんいることと、教授陣が素晴らしいこと。高い知的要求にこたえられるだけの環境が整っています。ここで自らはたらきかけて成長していくことの大切さを学びました。自発性と社交性の面が特に変わったと思います。清秀時代を知っている人が今の僕を見たら、“アクティブ小野田”にきっとびっくりするんじゃないでしょうか(笑)。

小野田 和生[瀬戸内市立国府小学校出身]
東京大学文科二類4年

保護者の声

林 桜子・祥子

学力と人間力を高められる清秀の教育を選びました

受験は団体戦、友と一緒に高めあい目標達成を

娘は受験した中学5校すべてに合格しましたが、学力に加え、課外活動や研修を通して人間力も高められる清秀に入学を決めました。多様な経験を積むことは大学に進学してからも可能でしょうが、10代の多感な時期に刺激や感動を得ることの意味は大きいと考えたからです。
小学校で国語の時間にディベートを経験し、「論理的に物事を伝えること」「立場や意見の違う人と討論すること」に魅力を感じた娘は、弁護士を志すようになり、東京大学法学部への進学を目標に置きました。入学前、副校長の上田先生からじっくりとお話をうかがい、東大受験のカリキュラムが信頼できると感じたので、安心してお任せしています。
娘の話を聞いていると、ライバルだけど友達という雰囲気のなか、とても充実して楽しい学校生活を送っているようです。「人の痛みが分かる大人になってほしい」「相手の立場に立って考えられる人に」を大切にして子育てしてきました。大学受験は団体戦です。自分自身はもちろん、友達も一緒に頑張るなかで、お互いに高めあい、目標を達成してほしい。親として一歩下がったところから見守るつもりです。

保護者 林 祥子