岡山学芸館高等学校

スーパーグローバルハイスクール

メッセージ

理事長・参与

充実した3年間をお約束します

 中学生の皆さんは、どんな高校生活を送りたいと思っていますか?どんな学校を選ぶべきなのでしょうか?
 高校生時代は、あなたの人生に大きな転機をもたらし、あなたを大きく変化させます。岡山学芸館高校はあなたに「立派な日本人」になってもらいたいと考えています。「立派な日本人」とは清く明るい心、誠実で正直な心、他人を思いやる心を持つことです。学芸館に入学して、そのような心を持った先輩たちの「生きいきとした、明るく朗らかで、美しい笑顔」を見てください。
 日本人精神は「今、現在、世界で通用する最高の倫理・道徳」として世界中から注目されています。これは本当のことです。
 日本人としての「誇り」「自信」を持ちましょう。そして日本人精神の素晴らしさを世界の人々に知ってもらいましょう。
 先輩たちは、そんな学芸館に誇りを持って、勉強や部活も頑張り素晴らしい成績を上げています。
 学芸館には世界から多数の留学生がやってきます。また、在校生はタイ、カンボジア、ミャンマー、台湾、オーストラリア、欧米諸国、等々へ研修に出かけます。先輩たちは日本人としての誇りを持って、国際交流をしています。
 保護者の皆さまには、入学後半年もたたないうちに、子供の変化・成長を実感していただけると思います。「この学校の教育はマジックか」と「感謝」の言葉をたくさんいただいております。
 学園独自の「親学講座」で学園の教育理念を理解し、わが子と共に学べる高校3年間にしていただきたいと思います。
 学芸館への入学をお待ちしています。楽しい、そして充実した3年間をお約束します。

学校法人森教育学園 理事長
岡山学芸館高等学校
清秀中学校・高等部 学園長
森 靖喜

子育ての総仕上げ
一緒に学びましょう

 思春期、青年期を迎え、大きくなったわが子はどのような人生を送るのだろうか、大丈夫だろうか・・・。先行き不透明で複雑な今の時代、多くの親たちが抱えている不安です。私たち親が今できること、しなければいけないことは何か、ご一緒に考えませんか。立派な日本人に育てるために、これまでの歴史的背景はどうだったのか、親としてどう生きるか、家庭とは、夫婦とは・・・。子育ての総仕上げの時です。わが家の家庭教育の棚卸しをしてみましょう。親も子も共に育つ3年間にいたしましょう。

岡山学芸館高等学校 参与
森 美智子

校長メッセージ

世界で活躍できる、
発信力のある
日本人の育成を目指して

 本学園では現在約50名の留学生が学んでいます。その多くは、中国や台湾からの留学生で成績はトップクラス、日本人の生徒に大きな刺激となっています。価値観や取り組み方が違う生徒たちが同じ教室で、お互いに競争しながら違いを認めあい、学芸館らしいダイナミックな校風が築かれています。こうした環境は国際感覚を身につける第一歩になると共に、日本人の良いところ、悪いところに気づく機会を与えています。今後はさらに、ASEAN各国からも多くの長期留学生を招聘していく計画です。
 SGHの取り組みは3年目に入りました。先日行われた研究発表会では、留学経験のない生徒も司会進行からすべてのプレゼンテーションを英語で行い、外部運営委員の先生方から高い評価をいただきました。
 日本の伝統的価値観や倫理観、道徳観は間違いなく世界に通用するものですが、それを発信する力がまだ足りません。世界をリードしていくために、日本人としての発信力が求められています。国際的な環境、研修旅行、SGHの取り組み、高度な英語教育などを通じて「世界で活躍できる、発信力のある日本人」の育成を目指して取り組んでまいります。これからの学芸館の教育にぜひご期待ください。

岡山学芸館高等学校校長 森 健太郎
森 健太郎